雨量観測

局地的な大雨の監視など防災対策として重要な雨量観測において、長期間のオフライン観測はもとより、多様な通信網に対応した雨量計データロガー及びデータ収集装置を東洋電子工業株式会社と共同で開発しました。パソコンと雨量計データロガーを接続し、1対1でデータ収集する構成や、データ収集装置を用いて複数(最大20台)の雨量計データロガーからデータを収集し、パソコンへ転送する構成など、柔軟な組み合わせ設計が可能です。

雨量計データロガー(RAINFORCE)


◆観測装置からPCで直接データを取得する場合の構成例 観測装置からPCで直接データを取得する場合の構成例 気象情報通信

◆複数の観測装置からまとめてデータ取得する場合の構成例
複数の観測装置からまとめてデータ取得する場合の構成例 気象情報通信


 雨量計データロガー(RAINFORCE)
 ・電源のない場所では内蔵バッテリーを用いて長期間の記録が可能
 ・オンラインでのデータ収集を行う場合は外部電源の利用が可能
 ・LEDモニターによる動作確認が可能
 ・インターネットや社内ネットワークなど多様なネットワーク接続に対応
 ・電池寿命は5年または30000パルス(0.5mm計で15000mmに相当)

 データ収集装置(RP-4111)
 ・データ収集装置1台で複数(最大20台)の雨量計データロガーを管理可能
 ・収集したデータはメール添付またはFTPにより別のPC等へ送信可能