カスタマイズ情報

気象庁から配信されたデータや大容量データなどの扱いにくい気象情報を、お客様の使い勝手の良い形式に加工して、ご提供しております。天気予報などリアルタイムの配信データはもちろんのこと、過去の気象データの編集・加工も承っております。ぜひ、ご相談ください。

カスタマイズデータ 気象情報通信

カスタマイズ事例

・自社システムと連携したいので、天気予報(テロップ)と最高気温だけCSV形式で欲しい
・過去の商品販売個数と天気の関係を解析したいので、天気と最高・最低気温が欲しい
・気象庁MSM情報がそのままでは扱いにくいので、解凍してsurfaceだけ欲しい
・過去データの編集
 “大手町の過去3年分の最高気温と日照時間が欲しい” など
・アメダスデータの加工
・GPVデータの編集 など

GPV=Grid Point Value(格子点値)

ご提供情報と方法 例

気象庁天気予報、ポイント予測
 “東京の天気予報で天気、降水確率だけ欲しい”
 XML形式 → CSV形式
GPVデータの編集
 “関東地方の気温だけ欲しい”
 Grib2 → CSVに変換してご提供
Grib2= 国際気象通報式FM92 GRIB 二進形式格子点資料気象通報式(第2版)

アメダスデータの加工
 “アメダスの特定地点の過去5年分のデータを指定の形式で欲しい”
 フォーマット確認の上、編集加工してcsv形式にてハードディスクでご提供 など