企業情報
CORPORATE PROFILE

沿革

2007年 2月 法人設立
2007年 4月 営業開始 気象情報システムの運用管理業務を受託
2008年 4月 北陸事業所開所(石川県金沢市)
2008年12月 全省庁一般競争(指名競争)参加資格を獲得
2008年 7月 気象配信サービス用システムの開発
2009年 4月 気象配信サービスの開始 (関東甲信越エリアに限定)
2009年 4月 本社を東京都豊島区東池袋から南池袋3丁目へ移転
2009年 7月 気象庁より予報業務許可(第157号)を取得 (関東甲信越エリア)
2010年 1月 予報業務許可(第157-1号)を変更 (全国エリアに拡大)
2010年 4月 気象データ配信サービスを全国エリアに拡大
2010年 4月 ポイント予測情報の提供開始
2010年 4月 ひまわり、気象レーダなどの気象コンテンツ(画像情報)の提供開始
2010年 7月 東洋電子工業株式会社と共同で気象データロガーを開発、販売することで合意
2010年 8月 雨量計専用データロガー(PL-5150N)の販売開始
2011年 6月 自動気象観測用データロガー(WL-2250)の販売開始、気象センサーや通信機器と組合せた総合気象観測システムの提供開始
2012年 3月 協力会社より海外向けの気象観測システムの一部業務を受注 2013年度に、表示システムを現地に導入する
2012年 3月 雨雲接近情報の提供開始
2012年 4月 気象関連会社・大学等の協力を得て、任意団体『気象測器研究会』を 立ち上げる
2013年11月 環境省「熱中症予防情報サイト」構築に関わる業務を受託
2014年 2月 省電力型データロガー(BL-5156)を新規に開発
        無電源環境においてソーラーパネルとバッテリを組み合わせた気象観測システムの提供を開始
2014年 4月 気象庁「可搬型DCP雨量観測装置の製作」を受託
2014年 5月 協力会社より海外向けの気象観測システムの一部業務を受注 現地導入作業を実施
2014年 6月 NPO法人 気象システム技術協会が発足し入会する
2014年10月 本社を南池袋3丁目から南池袋2丁目へ移転
2014年12月 予報業務許可(第157-2号)を変更 (10日間予報向け)
2015年 5月 日射量予測情報の提供開始
2015年 6月 10日間ポイント予報の提供開始
2015年10月 協力会社より海外向けひまわりキャスト受信システムの一部業務を受注現地導入作業を実施
2015年11月 降雪予測情報の提供開始
2015年 7月 気象衛星ひまわり8号の観測データを受信し、高解像度の衛星データを提供開始
2016年 3月 ホームページをリニューアル
2017年11月 民間会社より自動気象観測システムを受注
2018年から2019年にかけて、全国40カ所に気象観測システムを設置
        現地下見から設置、保守をトータルに実施する体制を整備
2018年 2月 自動気象観測用データロガー(WL-2251)の販売開始
2018年11月 気象配信サービス用システムを更新
2019年 6月 雨量計専用データロガー(PL-5151)の販売開始
2020年 4月 新型コロナウィルス対応としてリモートワークを導入
2020年 5月 省電力型雨量・水位専用データロガー(PL-5152)の販売開始
2020年 7月 省電力型データロガー(WP-2060)の販売開始
2020年 8月 気象観測システムの設置事例等を紹介する気象観測ドットコムをオープン
2021年 7月 予報業務許可(第157-3号)を変更 (16日間予報向け)
2021年 9月 2週間(16日間)ポイント予測の提供開始

会社概要はこちら

お問い合わせ

各種サービスやご相談・お見積りなど
どうぞお気軽にご連絡ください

採用情報

気象と情報通信技術で社会に貢献する
仲間を募集しています