総合気象観測

気象測器の設置・観測データの収集・データ処理をシステム化するため、観測現場で中枢となる多機能データロガーを東洋電子工業株式会社と共同で開発しました。その結果、多様のニーズに対応可能な気象観測システムの構築を実現いたしました。さらに、既設の気象観測設備においても使用可能なように配慮しております。

総合気象観測システム


フロントエンドユニット(FEU) AWSデータロガーWL2250本体 気象情報通信
・センサー接続部(FEU)とデータ処理部(本体)を分けたため、設置工事が容易
・耐雷性を向上。電源は、直流電源を主にAC100Vや太陽光からの供給も可能
・基本的な統計処理をロガー内でおこなうため、モニターに直結して表示可能
・国際基準にも則った、海外、国内の各種センサーに接続可能
・実況監視のための表示機能を標準装備
・観測データは、社内LAN等のネットワークを利用して別のPC等に送信可能